アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ドア

近年、住まいは購入する物ではなく、借りるものであるという認識が高まり、マンションやアパートを賃貸契約するかたが多くなっています。
賃貸を契約する利点は、住宅税対策や購入資金不足など、多くの問題があります。
より安い賃貸料金で借りることが出来るテクニックとして、引っ越しのシーズンを避けること、また引っ越しシーズン終了後が狙い目であると言えます。

なぜなら、入学、入社などに伴い、マンションやアパートを探す方々は、3月から4月にかけて殺到します。
それに伴い、退去者も増えており、不動産は、シーズン料として料金をあげることもあります。
また、シーズン中に借り手が付かなかった物件などは不動産の意思により値下げすることもあり得ます。
お得に住まいを借りたい方は、シーズンが終わった頃が最適です。
また、料金設定だけでなく、シーズンを終えて落ち着いた環境にて住まい探しを行うことは、より親密な関係作りが出来、より素晴らしいマンションやアパートが探すことが出来ます。
賃貸は、以前は誰かが住んでいた可能性が多いにあります。

その為、不備などを事前に発覚し、修理が出来る箇所を修繕してもらわなくてはなりません。
忙しいシーズンの見学では、気がつきにくい場所を見つけることは不可能です。
また、退去時にトラブルなく、マンションやアパートなどの賃貸を退去する為には日頃より室内の管理を徹底するなどのテクニックにて立ち退き料金が違います。

錆びついてる

マンションやアパートの賃貸を利用する方は、分譲で購入する方と比較して生涯支払っていく家賃と分譲で購入した費用を比較しても大差が無い事が分かります。
確かに分譲の物件を購入する事で、賃貸マンションやアパートなどでは毎月の家賃が生涯ずっと発生しますが、分譲で購入しているケースであれば、老後になっても家賃を支払い賃貸と比較して支払いは管理費と固定資産税のみとなります。
そう考えると老後の年金での支払いを考慮すればやはり分譲で購入する事のメリットもありそうですが、逆にデメリットとしては、ずっとその場所に住まなければいけない事などがあり、もし仕事の都合などで転勤などがあれば、家を空けなければいけないと言ったデメリットもあります。

賃貸のマンションやアパートの場合ならばそう言った心配はなく常に移り住む身軽さがあって、最新設備の賃貸マンションやアパートに移り住む事も可能となります。
こう言った所で考えても、生涯的に考えても購入も賃貸も大差ない出費となるのであれば、それこそその人それぞれの生活スタンスで変えても構わないのかも知れません。

得をするのか損をするのかは、どうしても結果論で後になって判る事となり、損得勘定だけでは判断が難しい問題でもあります。
そう考えるとご自身が住み良い環境に住む事で分譲が良いのか賃貸が良いのかを判断しながら生活をすすめて行く事がとても重要な事となります。
現状で考えるとどちらも差が無いといった状況の様です。